ここから本文です

綾瀬はるかさん「衣替えのように冬タイヤを」 BSが冬タイヤ「ブリザック」新商品発表

7/20(木) 17:31配信

乗りものニュース

綾瀬はるかさん、雪をあしらった浴衣で登場

 ブリヂストンは2017年7月20日(木)、2017~2018年冬シーズンにむけたスタッドレスタイヤの新商品「ブリザック VRX2」の発表会を開催、同社タイヤCMに出演中の女優、綾瀬はるかさんが登壇し、新商品をアピールしました。

この記事の画像をもっと見る(22枚)

「ブリザック」は、ブリヂストンを代表するスタッドレスタイヤブランドで、北海道、東北主要都市における調査では、じつに2台に1台が冬タイヤとして履いているというデータがあるそうです。新しい「ブリザック VRX2」は、すり減っても金太郎飴のように現れる発泡ゴムの気泡が路面の水を吸い、刻まれた溝が排出するという「アクティブ発泡ゴム2」やトレッドパターンの工夫などで、従来品に比べ、氷上ブレーキ性能が10%、耐摩耗性能が22%、静粛性に至っては31%向上したといいます。

 氷の結晶がモチーフの涼しげな浴衣姿で登壇した、ブリヂストンのCMキャラクターを務める綾瀬はるかさんは、「衣替えと同じようにタイヤも履き替えて」と話しました。

 発表会に続き、新横浜スケートセンターのスケートリンクにて、一般モニターに向けた「ブリザック VRX2」の試乗体験会が開催されました。スケートリンクの氷の上で、実際に夏冬のタイヤを乗り比べできるというもので、「普段、冬タイヤに縁のない一般の方に体験していただきたい」(ブリヂストン)という趣旨だそうです。

「これまで新商品発表に際しては、同じスタッドレスタイヤの従来品との履き比べを実施してきましたが、今回は普段、夏タイヤしか所持していない方に、スタッドレスタイヤというものがどれほど違うのかを体験していただくという目的です」(ブリヂストン 広報担当)

 一般モニターに続き、報道陣に向けた体験試乗も実施されました。

スケートリンクで夏タイヤ、想像以上に止まらない!

 スケートリンクで夏タイヤ(ブリヂストンの「エコピア」)のまま氷上にクルマを走らせれば、なかなか止まらないだろうことは想像できるでしょう。ところが、これが想像以上に止まるものではありませんでした。ブレーキがきかないのはもちろん、クリープ現象程度の速度でも、ハンドルがまったく切れず曲がれません。一方でスタッドレスタイヤ「ブリザック VRX2」は氷上でもじつによく止まり、コーナーでも普通にハンドルを切ることができ、おなじ「タイヤ」というくくりのものでも、夏用と冬用ではまったくの別物であることを改めて実感できました。

「新しい『ブリザック』のアピールはもちろんですが、なによりもまず、夏と冬とでタイヤを履き替えることの大事さを実感していただければという思いがございます」(ブリヂストン 広報担当)

 ドライ路面(一般道)での比較試乗も用意されていました。雪国のドライバーであれば、春先の、夏タイヤに履き替えた際のあの軽やかさに覚えがあるでしょうが、「ブリザック VRX2」の場合、ほとんど夏タイヤとのギャップを感じられませんでした。「スタッドレスタイヤ」とひとくくりにできないほどの、ドライ路面への対応性能です。また、アピールポイントのひとつであった静粛性についても、確かにほかと比べうるさく感じるものではありませんでした。

 試乗を体験した東京都在住の30代男性も、「氷上では差を感じました」といいます。ふだん、雪の日はクルマを運転しないとのことで、ほとんど経験のないスタッドレスタイヤに「思ったところに止まれるものなのですね」とする一方、ドライ路面での試乗ではあまり差を感じなかったとのことで、「それだけこの新しい『ブリザック』の、一般道での走行性能が高いということなのかなと思います」と話しました。

 ブリヂストンのスタッドレスタイヤ「ブリザック VRX2」は、全109サイズで、2017年9月1日発売予定です。

乗りものニュース編集部