ここから本文です

北朝鮮観光当局がウェブサイト開設

7/20(木) 15:55配信

ホウドウキョク

北朝鮮の観光当局が、外国人観光客向けに、ウェブサイトを開設した。
北朝鮮の観光当局が作成したとみられるウェブサイトには、サーフィンやテコンドーなど複数のツアーが紹介され、「金正恩(キム・ジョンウン)委員長の賢明な指導の下に、今日北朝鮮の観光業は新たな発展の道を踏み出している」と記載されている。
また、日本語や英語など、5カ国語で閲覧が可能。
観光当局担当者は「誰でも来られますよ。歓迎します。安全は担保できるので、気楽に来てください」と話した。
北朝鮮への観光をめぐっては、6月、昏睡(こんすい)状態で釈放されたアメリカ人のオットー・ワームビアさんがその後、死亡するなどし、国際社会が警戒する中、北朝鮮が外貨獲得に力を入れる姿勢が鮮明となった。

画像つきで記事をみる

最終更新:7/20(木) 15:55
ホウドウキョク