ここから本文です

上半期の犯罪発生件数最少

7/20(木) 19:35配信

ホウドウキョク

2017年上半期に、全国の警察が把握した犯罪の発生件数が、最も少ない件数となったことがわかった。
警察庁によると、2017年1月から6月までの上半期に、全国の警察が把握した犯罪発生件数は45万0,887件で、戦後最少となった2016年の同じ時期に比べ、3万7,829件減って、最も少ない件数となった。
2016年の同じ時期に比べ、殺人事件は2%減り、434件で最少を更新したほか、19歳までの少年犯罪は15%減っている。
ひったくり事件の26%は、防犯カメラ映像をきっかけに犯人が逮捕されていて、警察庁は、年々増えている防犯カメラの抑止効果や、少年犯罪の激減と社会の高齢化が相まって、犯罪の発生件数が減っていると分析している。

画像つきで記事をみる

最終更新:7/20(木) 19:35
ホウドウキョク