ここから本文です

葉タバコ1キロ2081円なり JT、沖縄・宮古島から買い入れ始める

7/20(木) 7:40配信

沖縄タイムス

 日本たばこ産業(JT)による沖縄県内葉タバコの買い入れが19日、宮古島市平良西里のJT宮古葉タバコ取扱所で始まった。初日は宮古島市の下地地域の葉タバコを買い入れ、平均買い取り額は1キロ当たり2081円、10アール当たり51万3916円だった。

 宮古島市を皮切りに石垣市、多良間村の買い取りも同取扱所で行われ、9月6日まで33日間続く。JTによると、台風被害などで収量の落ち込みが続いていたが、30日以上の操業となるのは7年ぶり。

 通常の買い入れでは宮古島市が全国で最も早い。今期は昨年に台風の直撃や大雨による疫病の発生がなかったことから、買い取り見込み量は宮古島市が10%増の約1172トン、多良間村が12%増の約48トン、石垣市が5・7%増の約127トンとなる見通し。県たばこ耕作組合の砂川利勝組合長は「農家の手入れも行き届き、今期は収量が増える見通し。品質にも期待が持てる」と話した。

最終更新:7/23(日) 13:35
沖縄タイムス