ここから本文です

沖縄食糧相談役の古堅雄教氏死去 78歳 社長・会長を歴任

7/20(木) 12:55配信

沖縄タイムス

 沖縄食糧相談役の古堅雄教(ふるげん・たけのり)さんが19日午後7時21分、慢性心不全のため西原町内の病院で死去した。78歳。那覇市出身。自宅は浦添市城間4の30の9。告別式は22日午後3時から4時、浦添市伊奈武瀬1の7の1、いなんせ会館。喪主は妻の清子(きよこ)さん。

 古堅さんは1957年、沖縄食糧に入社。取締役営業部長、常務、専務を経て93年社長、2002年会長。08年から相談役。全国食糧事業協同組合連合会理事などを歴任した。11年には沖縄タイムス賞を受賞した。

最終更新:7/20(木) 12:55
沖縄タイムス