ここから本文です

ルビーロマン初出荷 JAはくい、ブドウ1億円産地へ

7/20(木) 2:00配信

北國新聞社

 宝達志水町で19日、県産高級ブドウ「ルビーロマン」の出荷が始まった。同町は県内市町で最大の産地で、基幹品種のルビーロマンとデラウェアに加え、今年からシャインマスカットを出荷し、ブドウ販売額1億円の達成を目指す。

 さかもと葡萄(ぶどう)園(同町柳瀬)で収穫されたルビーロマン7房が同町のJAはくい南部育苗センターに運ばれ、初出荷のセレモニーが行われた。同JAの坂野保正常務があいさつし、寳達典久町長と山辺芳宣羽咋市長が生産者を激励した。

 ルビーロマンの昨年の県内生産量は2万3495房で、宝達志水町は6696房だった。羽咋市を合わせた生産量は7429房で、県内のJA管内別でトップとなる。JAはくいは、今年の管内生産量を8050房と見込んでいる。

北國新聞社

最終更新:7/20(木) 2:00
北國新聞社