ここから本文です

出川哲朗、『レゴ(R)』最新作で吹替に挑戦! 「公開“オフレコ”で主役をねらいます」

7/21(金) 5:00配信

cinemacafe.net

大人気アニメ作品「レゴ(R)ニンジャゴー」の劇場版として9月30日(土)より公開される『レゴ(R)ニンジャゴー ザ・ムービー』。この度、本作に出川哲朗が日本語吹き替えキャストとして出演することが決定。挑戦する役柄は、8月に行われる公開アフレコにて決定するという。

【写真】『レゴ(R)ニンジャゴー ザ・ムービー』メイン写真

ニンジャゴーシティに巨大な闇の力が近づいていた…。それは、世界征服の野望をもつ悪の帝王ブラックガーマドン。街の平和が失われようとしたとき、ロイドと仲間のニンジャたちが、立ち上がる――。<緑・火・雷・水・氷・地>の力から得た“エレメント・パワー”と、師匠のウー先生から教わった必殺技、“スピン術”を駆使してニンジャたちが大活躍。秘密兵器を搭載した巨大メカに乗り込み、いざ、運命の決戦へ!

「レゴ(R)ニンジャゴー」は、日本では2012年にアニマックスで放送開始し、その後2015年からはテレビ東京および系列局でTV放送され高視聴率を獲得している大人気アニメ作品。6人の若きニンジャたちが大活躍する本作だが、今回劇場版では平和なニンジャゴーの世界に、悪の帝王・ブラックガーマドンが手下を従えて街を破壊しにやってくる。そんな彼らに対抗すべく、伝説のニンジャである主人公・ロイド、仲間のカイ、ジェイ、コール、ゼン、ニャーが集結し、世界を守るため立ち向かう物語を描く。

本作の字幕版では、ジャッキー・チェンを始め、ジャスティン・セロー、デイブ・フランコ、フレッド・アーミセン、マイケル・ペーニャらが声の出演を果たすことでも話題となっているが、日本語吹き替え版では『LEGO(R)ムービー』『レゴ(R)バットマン ザ・ムービー』にも出演し、劇場版レゴ(R)シリーズには欠かせない存在となっている実力派人気声優の山寺宏一と沢城みゆきが出演。

そんな中、今回新たに本作の日本語吹き替え版キャストとして出川さんの出演が決定。本作が3度目の声優挑戦となる出川さんは、「いよいよハリウッドデビューです。よくぞ僕に声をかけて下さいました。もちろん、公開“オフレコ”で主役をねらいます」と、「アフレコ」を「オフレコ」と間違えるお茶目な意気込みのコメントを寄せた。

果たして、出川さんはどんな役柄に挑戦するのか? 8月の公開アフレコに注目していて。

『レゴ(R)ニンジャゴー ザ・ムービー』は9月30日(土)より新宿ピカデリーほか全国にて公開。

最終更新:7/21(金) 5:00
cinemacafe.net