ここから本文です

宮里優作は上がり6ホールで巻き返し「ゲーム感覚で」

7/21(金) 7:08配信

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

◇海外メジャー◇全英オープン 初日(20日)◇ロイヤルバークデールGC(イングランド)◇7156yd(パー70)

撮れたて直送!「全英オープン」フォトギャラリー

前半の3ボギーを、上がり6ホールの3バーディで取り返してイーブンパー40位発進とした宮里優作は、ミックスゾーンに設置されたマイクの前に立つと、「これ、一曲歌う感じですか?」と上機嫌で笑いを誘った。

通常は難しいコンディションとなるはずの午後スタート(午後2時37分)だったが、この日は午後から気温が上がり、風も弱まる好条件。「久しぶりに恵まれました」と、リンクスの神様に感謝した。

前半こそ、「自分の視界からボールが消えていった」とショットがぶれて苦しんだが、風の中で球を捕まえようと無意識にロフトを寝かせる方向で、ハンドレートになっていたことに気付いて修正。「コースでつかんだ感覚が一番正しいと思う」と、実戦中に修正できたことに手応えを感じ取った。

加えて「良かったのは精神状態」。苦しい序盤にも「練習じゃないけれど、グリーンを外した時はゲーム感覚で“どうパーを獲ろうかな”とナーバスになることがなかった」と、フラットな心境で集中した。「1打から流れが変わったり、良くなったりするのがメジャー。一喜一憂しないことで、自分のやりたいことが一番できるんじゃないかなと思う」と、戦い方も心得ている。

「内容とスコアが一致していない。5オーバーくらいのゴルフだけど、スコアメークできたのは良かった」という自信にも似た安堵感。あすもこの流れを続けたい。(英国サウスポート/今岡涼太)