ここから本文です

夏場の戦い、成長示せ J2水戸、22日大分戦

7/21(金) 4:00配信

茨城新聞クロスアイ

明治安田J2第24節は22、23日、各地で11試合を行う。8位水戸は22日、大分銀行ドームで9位大分と対戦する。キックオフは午後7時。通算成績は9勝8分け6敗、勝ち点35。

前節の町田戦は守勢に回った後半、船谷が与えたPKで先制され、その後も失点し敗戦。PKによる失点はリーグ最多タイの5点となった。勝利がない直近3試合は、守備で我慢すべき時間帯に踏ん張れなかった。

西ケ谷監督は「夏場になって(的確な)判断ができなくなっている。やられるときは、当たり前のことができていない」と課題を示した。暑さや疲労で集中力を欠きやすい時期だからこそ、水戸が持ち味としてきた粘り強い守りが必要だ。

3バックの大分は低い位置からパスをつなぐスタイルを徹底している。水戸は前線からのプレスを効率よくボール奪取につなげたい。佐藤和弘は「守りでもアクションを起こしていくのが大事。構える守備との使い分けをしたい」とめりはりを強調した。

夏場の戦い方を身に付けられれば、上位浮上の道が開ける。佐藤祥は「ここを乗り越えれば、もう一段階上のレベルのサッカーに進化できる」と言った。反省を残したここ3試合を成長の糧にできるか。 (岡田恭平)

【図表】
水戸の先発予想

茨城新聞社

スポーツナビ サッカー情報

今日のJリーグ 試合情報

J1