ここから本文です

名店の「冷やし中華」復活 清華軒OB、修行中のノートにレシピ /群馬

7/21(金) 8:05配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 清華軒のOBで4月に「恵比寿」(高崎市上豊岡町、TEL 027-393-6636)をオープンした伊藤大志さんが「冷やし中華」を復活させた。清華軒は昨年10月から休業している。(高崎前橋経済新聞)

【写真】青竹麺と細麺、太さ比較

 伊藤さんは清華軒のラーメンを復活させるにあたり、佐野ラーメンの青竹麺を使った。冷やし中華には細麺を使うため製麺機を導入。修業中のノートを手に試作を繰り返した。

 「清華軒の冷やし中華はシンプルな王道の冷やし中華。細麺の加減に苦労した。スープもしょう油味とごま味を再現した」と伊藤さん。のど越しのいい麺にかどのないまろやかなスープが絡む。「懐かしい味の冷やし中華で暑い夏を乗り越えてもらえたら」とも。

 価格はいずれも880円。スープが付く。

 営業時間は11時30分~14時30分、17時30分~21時。日祝定休。
 

みんなの経済新聞ネットワーク