ここから本文です

ロッテ免税店のため報告書を操作か… 朴前大統領の公判に研究者が出席=韓国

7/21(金) 9:47配信

WoW!Korea

「ソウル市内免税店追加申請」と関連し、青瓦台(大統領府)の圧力と介入があったのかなどの審理が21日、朴槿恵(パク・クネ)前大統領の賄賂容疑公判で取り上げられる。

 ソウル中央地裁はこの日、朴被告と崔順実(チェ・スンシル)被告、重光昭夫(韓国名:シン・ドンビン)ロッテグループ会長の公判で、チェ・ナクギュン対外経済政策研究院選任研究員とチョ・チュンハン韓国流通学会理事を証人として召喚し、尋問する方針だ。

 検察によると、企画財政部は大統領府経済首席室の指示で、関税庁に新規免税店を追加で指定するのが妥当であるのか、資料を作るよう命じたという。

 関税庁より研究を依頼されたチェ選任研究員は昨年3月に開かれた「観光産業発展のための免税店制度改善公聴会」で、「2015年、外国人観光客の訪問者数が2014年に比べて88万人増加した」と発表していた。しかし、検察はこの発表が「保税販売場運営に関する告示」に沿って操作されていたと見ている。

最終更新:7/21(金) 9:47
WoW!Korea