ここから本文です

(月刊安心新聞)ヒアリ対策 リスクの全体像、捉えよう 神里達博

7/21(金) 11:30配信 有料

朝日新聞デジタル

 兵庫県尼崎市で5月下旬、中国からの貨物コンテナにおいて、毒性が強いことで知られる外来種のアリ、「ヒアリ」が国内で初めて見つかった。この確認を契機に、全国で調査が進められたところ、大阪、東京、横浜などの大きな港湾の周辺のみならず、茨城県常陸太田市や愛知県春日井市などの内陸部でも、次々とヒアリの存在が確認された。
 見た目が日本のアリと似ていることや、仮に刺されると、重篤なケースでは死亡例もあると報じられたこともあり、私たちの社会は「新たな敵」の登場に動揺している。危険な外来生物は、当然、水際で防ぐのが肝要であるが、監視体制が高まったことで、今後も意外なところまでヒアリが侵入していたことが判明し、驚かされるかもしれない。……本文:4,316文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社