ここから本文です

(教えて!改正民法:6)支払い請求、いつまでさかのぼれる?

7/21(金) 16:00配信 有料

朝日新聞デジタル

 新潟県の30代の男性は、不動産会社が管理するマンションの一室に住み、毎月、家賃と管理費を支払っていた。男性は入居2年後に、不動産会社の請求ミスで管理費を払いすぎていると知ったが、仕事が忙しかったため対応をとらず、入居9年後になって差額の返還を求めようと思い立った。差額はいつまでさかのぼって請求できるのか。
     ◇
 現行法は、お金の支払いを請求できる期限「消滅時効」について、「権利を行使できる時から10年」と定めており、男性は入居時から現在まで、9年分の差額全てを請求できる。
 しかし、2020年をめどに施行される改正法は消滅時効を、(1)権利を行使できる時から10年(2)権利を行使できると知った時から5年――と規定。……本文:2,108文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社