ここから本文です

<スガシカオ>ミスチル、ポルノ、水樹奈々も! 豪華メンバー集結「スガフェス」の舞台裏語る

7/21(金) 19:25配信

まんたんウェブ

 歌手のスガシカオさんが、デビュー20周年を記念して5月6日にさいたまスーパーアリーナ(さいたま市中央区)で開催した音楽イベント「SUGA SHIKAO 20th ANNIVERSARY スガフェス! ~20年に一度のミラクルフェス~」が23日、WOWOWで独占放送される。ポルノグラフィティやMr.Children、THE BACK HORN、怒髪天、kokua、山村隆太(flumpool)&高橋優、UNISON SQUARE GARDEN、水樹奈々さん、さらにはふなっしーや稲川淳二さんなど、スガさんと親交のある豪華な面々が集まった音楽フェスについて、スガさんに話を聞いた。

【写真特集】スガシカオのインタビューカット、ライブの写真も

 ――「スガフェス!」全体を振り返ってみていかがですか。

 思っていたよりも濃厚で、アットホームで、カオスな時間でした(笑い)。それは、台本や演出で狙ってできることじゃなくて、あそこに集まったお客さんとアーティストと自分、全員の気持ちが一つに向かったからできた。そういう奇跡的なフェスだったなと思いますね。

 ――あのような形でアニバーサリーイベントを開催した経緯は?

 最初は自分の曲をたくさんやる20周年のイベントをしようっていう案もあったんですけれど、それは10周年でもやったし、ほかのアーティストもやってるので、違う趣向にしようかなと。それでスガ シカオの武器は何かって考えたとき、周囲の人から「交友関係の幅広さはすごいよね」と言われて、じゃあ友達を集めたフェスみたいなのはどう?ってところから今回の企画が始まったんです。怒髪天やTHE BACK HORNを呼べる人たちはポルノグラフィティは呼べないだろうし、逆にポルノとかミスチルを呼べるたちはユニゾンとかを呼べないだろうし、俺ならではの“ごった煮”な感じになりました。同じ男性ソロアーティストの友達も呼ぼうと思ったら呼べるんですけれど、今回はジャンルレスな友達の輪でフェスを作ろうっていうコンセプトでしたね。

1/3ページ

最終更新:7/21(金) 19:32
まんたんウェブ