ここから本文です

【コミコン2017】C・ファース&T・エガートンが語る「キングスマン」のたしなみとは?

7/21(金) 15:00配信

映画.com

 [映画.com ニュース] 世界最大級のポップカルチャーの祭典「サンディエゴ・コミコン・インターナショナル」が7月20日(現地時間)に米サンディエゴで開幕。人気スパイアクションの第2弾「キングスマン ゴールデン・サークル」が、サンディエゴ・コンベンション・センターのホールHのトップバッターを飾った。

 2014年公開の第1作「キングスマン」は、イギリスの秘密諜報機関機関“キングスマン”が世界滅亡の危機に立ち向かう姿をウィットとギミックたっぷりに描き、世界的ヒットを記録。今回のプレゼンテーションには、前作に主演したコリン・ファースをはじめ、同作でブレイクしたタロン・エガートン、続編でアメリカの諜報機関「ステイツマン」のエージェントを演じるチャニング・テイタム、ハル・ベリー、ジェフ・ブリッジスらが登壇した。

 キングスマンに求められる資質について、エガートンは「完璧なマナーだよね。マナーが本当の紳士をつくるからね」とスマートに回答。一方、ハリー役のファースは、続編でのまさかの復活に「私にもさっぱりで。だけど予告編に登場していますね」とかわしていたが、「傘を巧みに操ること。それに、ステイツマンよりも感情のコントロールが必要そうだね」とキングスマンのたしなみを語った。

 ファース、ベリー、ブリッジスとオスカー俳優が3人並んだ豪華な顔ぶれの中で、一番の見せ場をかっさらったのは、ステイツマンのブレーン、ジンジャー・エールを演じたベリー。ステイツマンの拠点がウィスキーの蒸留場であることから、司会者のジョナサン・ロスがウィスキーを用意しており、質問をパスしたベリーがパイントグラスにたっぷり注がれた酒を一気飲み。会場を埋め尽くした6500人のファンの拍手喝さいを浴びた。

 ロンドンで映画の仕上げの真っ最中だというマシュー・ボーン監督は、来場はかなわなかったものの、ビデオメッセージを寄せたほか、テレビ電話でファンたちに挨拶。プレゼンテーションは、スパイコメディアニメ「Archer」とのコラボ映像で幕を開け、映画の冒頭でロンドンを舞台にエグジー(エガートン)が繰り広げるカーアクション、エグジーとマーリン(マーク・ストロング)がステイツマンのアジトに潜入を試み、テキーラ(テイタム)と一戦を交えるシーンがお披露目された。さらに、ジュリアン・ムーア演じる悪役ポピーが、悪の組織ゴールデン・サークルの選抜試験を行う場面では、過激で残酷な描写にうめき声がもれた。

 「キングスマン ゴールデン・サークル」は、9月22日全米公開。

最終更新:7/21(金) 15:51
映画.com