ここから本文です

超特急 『テレビ朝日・六本木ヒルズ夏祭りSUMMER STATION』で圧巻のパフォーマンス

7/21(金) 21:15配信

エキサイトミュージック

7人組メインダンサーバックボーカルグループ超特急が、7月21日(金)東京・SUMMER STATION LIVEアリーナ(六本木ヒルズアリーナ)で行われている、テレビ朝日が企画する夏の大型イベント『テレビ朝日・六本木ヒルズ夏祭り SUMMER STATION』に出演した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

ステージに登場したメンバーは、夏の始まりを告げるように「Summer love」から爽快にライブをスタート。続けざまに勢い全開の「Drive on week」を投下すると、超特急のファン8号車は強烈なテンションで盛り上がる。

そして、7月26日にリリースされるニューシングル「My Buddy」を披露。以心伝心で前に進んでいく思いを歌った爽やかなポップチューンを熱気あふれる会場に響かせた。

タカシの“サマステ!”“テレ朝!”のコール&レスポンスから、メドレーゾーンに突入。情熱的な「Make it hot!」、バウンシーなビートが強烈な「ライオンライフ」、ドラマチックに展開する「超ネバギバDANCE」などダンスチューンを連続で歌唱。メンバーも8号車ももはや汗だくだ。

ブチアゲチューン「バッタマン」でユースケが渾身シャウトを会場にこだまさせると、疾走感たっぷりな「PAPAPAPA JUMPERS!」を歌唱。ここでいきなりダンサーメンバー5人による、かき氷の早食い対決が開催。メンバーは、かき氷の冷たさに悶絶する。ユースケが完食するものの、4人のメンバーが食べきれず、結果的になぜか5人全員で罰ゲームを受けることに。テレビ朝日ということで、カイがドラえもん、ユーキがのび太、リョウガがジャイアン、タクヤがスネ夫、ユースケがしずかちゃんとなってモノマネを披露すると、会場は笑いに包まれた。

そしてアツさたっぷりの「Burn!」を歌うと、会場全体でクロスポーズとジャンプが巻き起こる。超特急は、強烈な一体感を作り上げてライブ本編を終了。

アンコールに応えて再びステージに登場した超特急は、切れ味抜群の「超えてアバンチュール」を熱量たっぷりにパフォーマンスし、灼熱のライブを締めくくった。今年の夏も超特急が熱くする。そんな7人の思いが存分に伝わるライブとなった。