ここから本文です

AFC、浦和戦で乱闘起こした済州選手2人の懲戒を軽減

7/21(金) 11:12配信

WoW!Korea

浦和戦で乱闘起こしたKリーグ・済州ユナイテッドのチョ・ヨンヒョンとペク・ドンギュに対するアジアサッカー連盟(AFC)の懲戒が軽減された。

 済州は20日、「AFC懲戒控訴委員会再審の結果、チョ・ヨンヒョンとペク・ドンギュの出場停止期間が軽減された」とし、「チョ・ヨンヒョンは6か月から3か月に、ペク・ドンギュは3か月から2か月に短縮された」と発表した。

 AFCは去る9日、公式サイトを通して5月31日に埼玉スタジアム2002で開かれた済州-浦和レッズの2017 AFCチャンピオンズリーグ・ベスト16の2戦目で発生した乱闘に対する懲戒を下していた。

 今回、2人に対する出場停止期間は短縮されたが、罰金は変わりなく付加される。(チョ・ヨンヒョン:2万ドル、ペク・ドンギュ:1万5000ドル)済州は今回の再審結果を受入れ、再発防止に万全を期すとしている。

最終更新:7/21(金) 11:12
WoW!Korea

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合