ここから本文です

K-POPブーム再到来?「BLACKPINK」武道館ライブ超満員

7/21(金) 16:32配信

東スポWeb

 K―POPの4人組ガールズユニット「BLACKPINK(ブラックピンク)」が20日、東京・日本武道館で単独公演を行った。

 韓国生まれのジェニー(21)とジス(22)、ニュージーランド生まれのロゼ(20)、タイ生まれのリサ(20)の4人で構成されるブラックピンクは、8月30日にミニアルバム「BLACKPINK」でCDデビューする。

 この日はまだデビュー前にもかかわらず、武道館は1万4000人の大観衆で超満員。チケット争奪戦が起こり、当選倍率は20倍超となった。デビュー前の海外女性アーティストによる武道館単独公演は史上初だ。

 ブラックピンクは、昨年8月に韓国でデビューしてから快進撃を続けている。ユーチューブの公式チャンネルの総再生回数は9億回を超え、この日も歌った最新曲「AS IF IT’S YOUR LAST」は、公開5日で再生回数3000万回に達し、世界18か国のiTunesチャートで1位を獲得した。

 ロゼは「日本デビューを夢見ていました。日本のファンに会えること、そしてこんな素晴らしい会場でできることは光栄です」。韓国でもこれほどの大観衆の前でのライブはなかったそうで、ジェニーは「リハーサルの時から緊張してドキドキが止まりませんでした」と明かした。

 メンバーが手で作るハートマーク、通称“ブラピンハート”はバラエティー番組「嵐にしやがれ」(日本テレビ系)で取り上げられるなど、流行の兆しが見える。

 今後の目標としてはドームツアーを掲げた。ジスは「皆さんの期待に応えられるように頑張りますので、応援よろしくお願いします!」とファンに訴えた。

 音楽関係者は「韓国のガールズグループで言えば今年、TWICEが日本デビューして若い女の子の間で人気となっている。それに続いて真打ちのブラックピンクが日本デビューし再びK―POPが盛り上がりそうだ」。ブラックピンクが旋風を巻き起こす。

最終更新:7/21(金) 16:32
東スポWeb