ここから本文です

GoogleのiPhohneアプリ「Motion Stills」のAndroid版、ついに登場

7/21(金) 7:44配信

ITmedia NEWS

 米Googleは7月20日(現地時間)、2016年8月にiPhone向けにリリースした動画アプリ「Motion Stills」のAndroid版をリリースしたと発表した。日本のGoogle Playストアでも既にダウンロードできる(記事末の「関連リンク」にリンクをはってあります)。

【その他の画像】再生しながら再生速度を変更できる

 Motion StillsのiPhone版は、iOSの特徴の1つである“動く写真”「Live Photos」を滑らかなループGIF動画に変換するアプリ。手ブレ補正でかなり滑らかになり、オフラインでも使える。

 Androidには「Live Photos」はないが、アプリ内で「1タップするだけで3秒のMotion Stillを撮影できる」としており、iPhoneのLive Photosを「Motion Still」としてAndroidに輸入してきたような形だ。

 Android版ではさらに、早送りモードで最長1分の動画をクリップに圧縮できる(「Fast Forward」モード)。撮影中にメタデータを計算することで、ループの最適化とスタビライズを同時に実行でき、その結果撮影した動画をすぐにループGIF動画として再生できるという。下のサンプルGIF動画を見ると、確かに撮影直後に画面の下に完成したGIF動画が表示されるのが分かる。

 スタビライズは、新たに動画を加工するのではなく、再生中にGPUを使ってリアルタイムで行うので、バッテリーに負担を掛けることが少ないとしている。

 Fast Forwardで録画した動画の再生速度は、録画後に等倍~8倍に変更できる。

 Googleは、Motion Stillsの機能を将来的には「Googleフォト」などの既存のサービスに統合していく計画という。

 なお、iPhone版のMotion StillsがアップデートされるかどうかについてはGoogleは言及していない。Appleは次期モバイルOS「iOS 11」にMotion Stills的な機能を搭載する計画だ。

最終更新:7/21(金) 9:55
ITmedia NEWS