ここから本文です

夜の動物たちに会える「真夏の夜の動物園」が今年もやってきた! 上野動物園で夜間開園イベントを開催

7/21(金) 21:10配信

ねとらぼ

 東京・上野動物園で、夜の動物たちを観覧できる「真夏の夜の動物園」が開催されます。開催期間は8月9日から16日。期間中は閉園時間を20時まで遅らせ、昼とは違った趣の動物園を楽しめます。

【画像】夜のハシビロコウさん

 2017年のポスターは「しのびよる。」のキャッチコピーのもと、木の上に隠れる小さな動物たちが並んでいます。夜の上野動物園で、彼らの姿を見つけられるでしょうか。

 東園には、今年からマレーグマやプレーリードッグが加わり、西園ではワオキツネザル、シマウマ、オカピやハシビロコウ、タテガミオオカミが見られます。観覧時間は動物や展示施設によって異なります。東園のホッキョクグマや西園のワオキツネザルは18時に展示が終了するのでお早めに。

 レストランやギフトショップも20時まで営業が延長され、不忍池テラスではオープンビアガーデンを開催。ビアガーデンではタイ風のおつまみやタイ産ビール、パクチードッグなどを楽しめます。

 夜間開園の期間中は「世界ゾウの日(8月12日)」にちなんだ特別企画「ゾウの運動場に入ってみよう」や、動物たちの食生活についての展示、動物園スタッフのトークイベント、動物園のみどころをめぐる「Tokyo Parks Navi 真夏の夜のスタンプラリー」など、さまざまな特別イベントが実施されます。

 他にも不忍池テラスでは生演奏の音楽ライブや、「ナショナル ジオグラフィック チャンネル」の野外上映会、動物の写真が入った美しい氷柱のライトアップが見られます。夜間の観覧に際しての注意事項や特別イベントの開催日程は、「真夏の夜の動物園」特設ページにてご確認ください。

最終更新:7/21(金) 21:10
ねとらぼ