ここから本文です

リリー・ジェームズが「ベイビー・ドライバー」語る映像公開、「こんな脚本初めて」

7/21(金) 15:00配信

映画ナタリー

「ベイビー・ドライバー」より、ヒロインのデボラを演じたリリー・ジェームズのインタビュー映像がYouTubeで公開された。

【写真】「ベイビー・ドライバー」日本版ポスタービジュアル(他10枚)

本作は、犯罪組織の“逃がし屋”として活躍する若きドライバー、通称“ベイビー”を主人公とするクライムアクション。「きっと、星のせいじゃない。」のアンセル・エルゴートがベイビーを演じ、「シンデレラ」のジェームズのほかジェイミー・フォックス、ケヴィン・スペイシー、ジョン・ハムらがキャストに並ぶ。

初めてエドガー・ライトの作品に出演したジェームズは「監督のファンだから脚本が届いてうれしかった。読みながら音楽が聴けるアプリが付いていたの。車のドアやワイパーなどの効果音までミックスされていた。だから、読みながら完全没頭することができたし、こんな脚本は初めてだったわ」と感動を語る。共演者について「どのキャラクターも生き生きとして個性が際立っている。ジェイミー・フォックス、ケヴィン・スペイシー、俳優陣が素晴らしい。出演できてすごく光栄」と喜びを述べた。

「ベイビー・ドライバー」は、8月19日より東京・新宿バルト9ほか全国でロードショー。

最終更新:7/21(金) 15:00
映画ナタリー