ここから本文です

【早実清宮・一問一答(1)】「みんなの好プレーで盛り上がった」

7/21(金) 15:55配信

デイリースポーツ

 「高校野球西東京大会・5回戦、早実5-0法政」(21日、神宮球場)

 春夏連続の甲子園出場を目指す第1シード校の早実が法政を破り8強入り。25日の準々決勝(神宮球場)に進出した。主将の清宮幸太郎内野手(3年)は「3番・一塁」で先発。三回の第2打席で最多記録にあと1本で並ぶ、高校通算106号の先制中越えソロ本塁打を放った。公式戦では8試合連続の一発。早実は先発・雪山幹太投手(2年)が9回5安打で法政打線を完封した。

【写真】走塁ではボーンヘッドも…清宮「走りすぎた」

 試合後の清宮は次のように語った。(1)

 -神宮の初戦、今大会9回を初めて戦った。

 清宮「向こうもかなり粘ってきていたが、雪山を始め守りをしっかりできたので、そこが一番良かったかなと思います」

 -点差が広がらない中で守備が目立った。

 「一番は雪山が安定していた。そこがしっかりしているので後ろも守りやすいですし、エラーも少ないんじゃないかなと思います」

 -自身も三回にいいプレー、セカンド、ショートもいいプレーが多かった。

 「どんな時もしっかり声をかけあっていますし、気を抜く場面がないので、そういうプレーが続いているんじゃないかなと思います」

 -先制のホームランは緩い変化球だと思うが、詰まったようにも見えた。

 「打ったところは芯だったけど、ちょっとこすっちゃったので、どうかなと思ったんですけど、かなり結構伸びたのでよかった」

 -滞空時間が長く、きれいに入った。

 「いったかなと思ったんですけど、センターの足取りが止まっていたので『あ~、アウトか』って思ったんですけど、風もあったのかなと思うので(笑み)」

 -九回の三塁打は。

 「スライダーかなと思って、ちょっと打ち損じて上げちゃいましたけど、しっかり走れたのでよかったです」

 -この間の試合も含めてよく走っている。

 「今日はちょっと走り過ぎちゃった感じがあるので(苦笑)1アウトの時に。ちょっと走塁ミスが続いていて、よくないです。でも体の動きは悪くないんで、気をつけるところだけ、しっかり気をつけたい」

 -次はいよいよベスト8。

 「どこがきても自分たちの野球をするだけなので、変わらずいつも通りの野球をできれば」

 -通算106号であと1本まで来た。

 「変わらず、勝ち優先でいきたいです」

 -チームの中における今の自分の役割は。

 「今日の最終回で集めたりもしたが、気の抜けそうな時にしっかり自分が声をかけたり、みんなが回してくれたところでしっかり打ったり、みんなを言葉でもプレーでも引っ張る役割かなと思う」

 -今日の試合で一番熱く盛り上がったシーンは。

 「熱盛りですか?(一同笑い)いつも見ているので。みんなの好プレーかなと思います。自分も飛びつきましたし、セカンドのヤツ(橘内)も際どい球をジャンピングスローしましたし、ショートのヤツ(野田)も前に出てしっかり投げましたし、サードのヤツもエラーしそうだけど粘ってアウトにしてくれたり、そういう粘りが一番熱かったんじゃないですか」

(一問一答(2)に続く)