ここから本文です

【早実清宮・一問一答(2)】「入浴後はマッサージチェアでケア」

7/21(金) 15:57配信

デイリースポーツ

 「高校野球西東京大会・5回戦、早実5-0法政」(21日、神宮球場)

 春夏連続の甲子園出場を目指す第1シード校の早実が法政を破り8強入り。25日の準々決勝(神宮球場)に進出した。主将の清宮幸太郎内野手(3年)は「3番・一塁」で先発。三回の第2打席で最多記録にあと1本と迫る、高校通算106号の先制中越えソロ本塁打を放った。公式戦では8試合連続の一発。 早実は先発・雪山幹太投手(2年)が9回5安打で法政打線を完封した。

【写真】走塁ではボーンヘッドも…清宮「走りすぎた」

 試合後の清宮は次にように語った。(一問一答(1)からの続き)

 -ホームランを打った打席の狙いは。

 「法政のピッチャーもチェンジアップかシンカーかわからないですけど、すごく落ちる球がよかった。高めだけ待っているところにいい球が来てたので打てた」

 -こすってしまった。

 「トレーニングとか日頃の成果だと思います。毎日続けているので、それが最近よく打球に現れているのかなと思います」

 -広角に打てるのは成長?

 「どこに飛んでも入るというのは、成長したかなっていうところはあります」

 -ネクストバッターズサークルでは、いつもの背を伸ばす動きがなかった。

 「1回やりました。最初だけです」

 -タイミングを計ろうとした。

 「今までは(バーチャル)中継とかもあって、ピッチャーを見られていたんですけど、今回はそういうのがなくて初めて見るピッチャーだったので、そこをちょっとしっかり、間というか距離感とかも怖かったので、タイミングだけはしっかりしようと」

 -(五回の)走塁死はアウトカウントを間違えた。

 「はい、スミマセン(苦笑)」

 -その後の円陣では、みんなに「ゴメン」とか。

 「アウトカウントは間違えないようにしよう、って。申し訳なかったです。あの後もピンチあったので」

 -七回(相手が1死一、三塁)。

 「ゲッツーを狙っていたけど、そんなに焦る気持ちではなかった。平常心でというのが自分たちはずっとやってきているので、なかなか最近はそういう場面はなかったが、自分たちの持ち味が出たかな」

 -公式戦8試合連続ホームラン。長い期間打ち続けられている。

 「春の関東(大会)終わってからは調子を落としていて、そこからしっかりまた上げて来た。波はありながら、試合に合わせることはできているので、コンディションが最高の状態にあるのが要因か」

 -コンディション維持の秘けつは。

 「しっかりお風呂に入って、水風呂に入ったりしたり、後はマッサージとかそういうケアできることはしている」

 -マッサージはトレーナーにやってもらっているのか。

 「昨日はマッサージチェアです。気持ちよかったです(笑い)」

 -調子的にはかなりいい?

 「悪くはないと思います。打っているんで」

 -さっき仲間の好プレーを振り返っていたが、記憶力がある?

 「いや、普通じゃないですか」

 -今までの対戦した投手の球は覚えているのか。

 「それはありますね」

 -センバツで同じような右のサイドハンドと対戦した。

 「低めの…まあ、でも今日のピッチャーは(東海大福岡の)安田とは違ったかな。安田は結構、ピッと真っすぐを高めで押してくるんですけど、今日はチェンジアップが切れていたので、そこだけ注意してという感じですかね」

 -8試合連発は小、中学校では。

 「中学校は少なくともないと思います。ないと思います。小学校も」

 -神宮での試合は、チーム全体としても緊張感は違う。

 「でも思ったよりいつも通りはいきました。かなりここでも(秋や春の大会で)試合は重ねているので、そこは大きかった」

 -九回ランニングホームランも狙えたかも。

 「最初から走っておけばよかったですね(笑い)」

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9/24(日) 5:10