ここから本文です

「猛暑日」今季最多か 熱中症に警戒(7月21日(金)の天気)

7/21(金) 6:26配信

ウェザーニュース

今日21日(金)は北海道でも35℃を超える所があり、全国的に猛暑となりそうです。

◆引き続き暑さと天気急変に注意

全国的に高気圧に覆われて、強い日差しの照りつける所が多くなります。強い日差しと南から流れ込んだ高温の空気の影響で気温が上昇。沖縄から北海道まで全国150地点以上で35℃以上の猛暑日となる可能性があり、今季一番の厳しい暑さの恐れがあります。通気性の良い服を選ぶ、昼前から昼過ぎまで最も暑い時間帯は屋外で作業するのを避ける、水分をこまめに摂るなど、熱中症対策が必須です。

ただ、南の海上の低気圧の影響で、海からの湿った風が入りやすい四国の太平洋側や近畿南部は雲が多く、短い時間ですが強い雨が降る恐れがあります。また、九州から東北の各地も天気の急変にご注意ください。にわか雨は山沿いが中心ですが、関東や近畿、九州南部は平野部でも雨の可能性があります。折り畳み傘がお守りです。

◆北海道は下り坂 夜には激しい雷雨も

道東の内陸エリアで猛暑が予想される北海道は、前線が南下し、天気はゆっくり下り坂です。午後はだんだんと雲が広がり、道北エリアは、雨の降り出す所が増えていきます。夜には、激しい雷雨の恐れがあり、道路冠水や川の増水、落雷による停電など注意が必要となります。今夜は早めの帰宅がおすすめです。

ウェザーニュース