ここから本文です

碧山 物言いも軍配通りで白星 輝をはたき込みで下して2敗守る

7/21(金) 17:27配信

デイリースポーツ

 「大相撲名古屋場所・13日目」(21日、愛知県体育館)

 前頭八枚目碧山(春日野)が、同四枚目の勢(伊勢ノ海)と対戦し、物言いがつく微妙な相撲の末、はたき込みで下し、2敗を守った。

 立ち合い押し込んだ勢に、はたいて引いた碧山だが、土俵際で押し込まれ、勢の体が落ちると同時に土俵の外に碧山の足が出た。

 軍配は碧山に上がったが、すぐに物言いがついて勝負審判が集まって協議。

 山科審判長は「軍配は碧山有利とみて上がりましたが、輝の落ちるのが早いのではないかと協議した結果、(右の)かかとが残っているとして輝の勝ちといたします」とマイクで説明したが、その直後、「碧山の勝ちとします」と言い直し、軍配通り碧山の勝ちとなった。

 場内説明で輝と碧山を言い間違え、混乱したと思われるが、中継していたNHKアナウンサーも「これは優勝争いに関わることですのでね。碧山の勝ちというのはちょっと…」と困惑の色を隠せなかった。