ここから本文です

元アイドルレスラー・府川唯未さんと再会のアジャが許せなかったこと

7/21(金) 20:09配信

スポーツ報知

 90年代の人気美人アイドルレスラーだった府川唯未さん(41)が21日放送のTBS系「爆報!THE フライデー」(金曜・後7時)に出演し、姉妹のように慕いあった悪役レスラー・アジャ・コング(46)と涙の再会を果たした。

 府川さんは2000年7月16日の試合でクモ膜下出血と硬膜下血腫を同時に発症し、病院へ緊急搬送され、命を取り留めたが1か月の入院を余儀なくされた。

 脳へ大きなダメージを負った府川さんは引退を決意。01年3月20日に引退セレモニーを行い、ファンに挨拶して引退のはずだったが、禁止されていた試合をリングで強行。このことでアジャとの確執が起きてしまった。

 アジャは「きちんと話をしてみたいと思ったのは、あの試合だけは良しとは言えない。どう考えても許し難い。やりたい本人の気持ちは分かるけど…」と当時の心境を語り始め「ケガですんだ人、亡くなった人を見てきた中で、あくまでプロレスのリングは命を懸けさせる場所ではない。生きて私たちの生き様を見せる場所。リングで死ねたら本望なんて姿を見せる場所ではない。府川唯未の最後の姿をみとれなかったことは本当に申し訳ないんだっけど、試合をすることに関しては見たくもなかった。どんな思いで見たらいいのか…」と自身のプロレスに対する考えを語った。

 「言葉にしてもらったことはなかったけど、きっとそうやって思ってくれてるんじゃないかなと…」と涙を流す府川にアジャは「プロレス卒業おめでとうございます。その言葉はきちんと送りたい。ずいぶん遅くなったけど」と当時言えなかった言葉を贈り2人だけの引退式を行った。

最終更新:7/21(金) 20:39
スポーツ報知