ここから本文です

【福島】聖光学院、V11王手 エース・斎藤8回2失点で宿敵撃破

7/22(土) 8:03配信

スポーツ報知

◆全国高校野球選手権福島大会 ▽準決勝 聖光学院6―2日大東北(21日・あづま)

 勝利の瞬間、歓喜に沸くナインの中で聖光学院のエース・斎藤郁也(3年)はひとり、大粒の涙を流した。過去5年、いずれも夏の県大会準決勝以上で接戦を繰り広げた日大東北打線を、8回6安打2失点に抑え、6―2で快勝。チームは今大会5試合目で初めて失点を喫したものの、8回には2死満塁のピンチを押し出しによる1点のみに抑え「負けないで良かったと思ったら、自然と涙がこみ上げてしまった」と目を赤くした。

 福島県大会は昨秋、今春も制覇。無敵の強さを誇るが、主将の仁平勇汰右翼手(3年)は「あした(決勝)は日本一という目標の最大の通過点。すべてのエネルギーを出し切りたい」。自らの持つ戦後最長記録を更新する11年連続夏の甲子園出場へ、油断はない。

最終更新:7/22(土) 8:27
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/20(日) 23:00