ここから本文です

【MLB】パイレーツが首位ブリュワーズをスイープ、5連勝で3ゲーム差に

7/21(金) 12:47配信

ISM

 ピッツバーグ・パイレーツは現地20日、地元でミルウォーキー・ブリュワーズと対戦し、4対2で勝利。同じナ・リーグ中地区で首位に立つブリュワーズとの4連戦を全勝して、ゲーム差を3に縮めた。

 パイレーツは4回に1対2と逆転されたが、その裏にグレゴリー・ポランコ外野手が同点の9号ソロ。さらに5回にはジョシュ・ハリソン三塁手、アンドルー・マカチェン外野手の連続タイムリーで2点を勝ち越すと、このリードを先発ジェームソン・タイヨンら5投手の継投で守り切り、連勝を5に伸ばした。

 ここ13戦で11勝としたパイレーツのクリント・ハードル監督は、「スコアボードばかりをチェックしているわけではない。自分たちがベストのプレーをすることだけに集中している」と、ライバルチームの勝敗は眼中にないことを強調。「明日からはコロラドでのロッキーズ戦。そのための準備も必要だ」と気を引き締めていた。

 一方、5連敗を喫して2位シカゴ・カブスとの差が1ゲームとなったブリュワーズのクレイグ・カウンセル監督は、「投手陣は本当によくやっている」とコメント。「まずいプレーをしているわけではないが、あと1本が出なかった」と敗戦を振り返っていた。(STATS-AP)

最終更新:7/21(金) 12:47
ISM