ここから本文です

【G1】内藤、YOSHI―HASHI下し2連勝「俺が優勝するのは当たり前。決勝で俺の前に誰が立つかですよ」

7/22(土) 0:03配信

スポーツ報知

◆新日本プロレス「G1クライマックス27」Aブロック公式戦 〇内藤哲也=4点=(22分19秒 デスティーノ→片エビ固め)YOSHI―HASHI=2点=●(21日、東京・後楽園ホール)

 Aブロック公式戦の2戦目で内藤哲也(35)がYOSHI―HASHI(35)と対戦した。

 このほど行われたスポーツ紙「Number」のプロレス総選挙でも1位に輝いた内藤が、満場の「内藤コール」の中、躍動した。YOSHI―HASHIの絞め技、肩と腰を執拗(しつよう)に攻めてくる打撃技に苦しんだ。バタフライロックでギブアップ寸前まで追い込まれる場面もあったが、最後は必殺のデスティーノ2連発で完勝した。

 試合後、自ら率いる「ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン」の仲間・SANADA、EVILらを呼び寄せると、リング上でマイクを持った内藤。「我々を応援して下さる後楽園ホールの皆様、G1も3日間終了しましたが、俺は開幕2連勝でございます。このG1は開幕で連勝した選手は優勝できないという伝説がありますが、俺には通用しません。この内藤がG1の頂点に行かせていただきます。8月13日の両国大会の決勝までトランキーノ!(焦るなよ)」と渾身のマイクパフォーマンス。

 控室に引き上げてからも「俺が2連勝なんて当然の結果でしょ。俺が優勝するのは当たり前だけど、問題は決勝で俺の前に誰が立つか。オカダか、オメガか、SANADAか、EVILか。俺はゆっくり相手ブロックを見ながら、メーンのリングで待ってますよ」と内藤。大きな目をぎらつかせながら引き上げて行った。

最終更新:7/24(月) 14:26
スポーツ報知