ここから本文です

【G1】飯伏、ザック・セイバーJr下し初勝利「この2年間、申し訳なかったです」

7/22(土) 0:03配信

スポーツ報知

◆新日本プロレス「G1クライマックス27」Aブロック公式戦 〇飯伏幸太=2点=(15分51秒 変型シットダウン式ラストライド→エビ固め)ザック・セイバーJr=2点=●(21日、東京・後楽園ホール)

 Aブロック公式戦で飯伏幸太(35)とザック・セイバーJr(29)が対戦した。

 「ゴールデン★スター」の異名を持つ飯伏が新日リングで2年ぶりの輝きを放った。打点の高いハイキックに顔面へのヒザ蹴り。ザックの間接技に苦しむ場面もあったが、最後は変型シットダウン式ラストライドからのエビ固め。17日の開幕戦で内藤哲也(35)に敗れた“天才”が2年ぶりの新日リングでG1初勝利を挙げた。

 「いやあ、初勝利、うれしいですね。自分でも納得できる内容で勝てました」。試合後、女性ファンを熱狂させる端正な顔をほころばせた飯伏。「ザックに首、ヒジときめられて、折れそうになって焦りましたけど、全力でやるしかないんで」と笑顔。「自分のやってきたことを一発一発、全力で。それをずっとやってきたんで。G1でも一発一発、全力で出し切ることしか考えてません」と続けた。

 ダブル所属していたDDTと新日を昨年離脱。飯伏プロレス研究所を設立し、フリーの立場になった。試合数減少を心配するファンも多かったが、「この2年間、申し訳なかったです」とポツリ。「不安は常にあるんですけど、頑張ります!」。帰ってきた「ゴールデン★スター」は汗まみれの顔で言った。

最終更新:7/24(月) 14:31
スポーツ報知