ここから本文です

【滋賀】彦根東、2年生左腕・増居が2失点完投

7/22(土) 8:04配信

スポーツ報知

◆全国高校野球選手権滋賀大会 ▽3回戦 彦根東3―2滋賀学園(21日・皇子山)

 2年生左腕の増居翔太が安堵(あんど)の表情を浮かべた。春季大会優勝校のプライドを胸に、今春のセンバツに出場した滋賀学園に8安打2失点で完投勝利。初回にいきなり2ランを被弾したが「あれで緊張がとけた」。低めへの意識を再確認し、1点差を守り抜いた。

 2013年夏、甲子園に初出場した県立進学校の彦根東。その文武両道に憧れ、受験を決めた。現在は部活中心の生活で、家庭学習の時間が取れない日もあるが「一つ一つの授業に集中している」。増居が目指すのは、甲子園出場と京大工学部現役合格の両方だ。

 171センチ、59キロと小柄だが、今春の近畿大会で自信を深めた。初戦の龍谷大平安(京都)戦で2安打完投勝利を挙げると、続く準決勝の大阪桐蔭戦は敗れたものの自己最速の137キロをマーク。「しっかり腕を振れば通用すると感じた」。体重移動に関する専門書を読み込んで独学で研究し、今夏に備えた。

 4年ぶりの甲子園まであと3勝。村中隆之監督(49)は「周囲は『出場して!』という空気」とプレッシャーを苦笑いで明かしたが、増居は「楽しんでいく」。17歳の夏を満喫する。(田村 龍一)

最終更新:7/22(土) 8:15
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/20(日) 14:10