ここから本文です

22日から「星と自然の浄土平まつり」

7/21(金) 12:06配信

福島民報

 浄土平周辺観光推進連絡会議は22日から8月20日まで福島県福島市浄土平地区で「星と自然の浄土平まつり」を繰り広げる。浄土平天文台、浄土平レストハウス、浄土平ビジターセンターを拠点に、大型天体望遠鏡を使った星空観望会や、高山植物を眺める自然観察会などを多彩に催す。
 星空観望会は29日から8月19日までの毎週水曜、金曜、土曜に開催する。時間は午後8時から午後10時まで。自然観察会「浄土平散歩」は22、8月12、8月26の3日間開く。時間は午前10時半から1時間程度。
 22日午後4時からは浄土平レストハウスでオープニングイベントを催す。兵庫県の西はりま天文台天文科学専門員の鳴沢真也さんが「本当にいるの?宇宙人」をテーマに講演する。
 まつりに合わせて吾妻連峰ウオークラリーが8月11日午前9時半から浄土平レストハウスをスタート・ゴールに行われる。
 一切経山と鎌沼の2コースを設定している。参加費は一人千円。小学生以下は無料。募集人員は60人で、20日現在で40人程度の申し込みがあるという。
 まつりに関する問い合わせは市観光コンベンション推進室 電話024(525)3722へ。

福島民報社

最終更新:7/21(金) 13:06
福島民報

Yahoo!ニュースからのお知らせ