ここから本文です

和楽器バンド、メジャーデビュー4年目にして初のSG発売決定

7/21(金) 23:39配信

BARKS

和楽器バンドが9月6日(水)に初のシングル「雨のち感情論」をリリースすることを発表した。

◆ライブ画像

和楽器バンドは本日7月21日(金)に東京国際フォーラムで初の全国ホールツアー<和楽器バンド HALL TOUR 2017 四季ノ彩 -Shiki no Irodori->のファイナル公演を開催。和楽器と洋楽器が融合したサウンドに鈴華ゆう子(Vo)の圧倒的な歌唱力が乗り、和楽器バンドにしかできないステージが繰り広げられた。

アンコールでは鈴華が集まってくれたファンへ感謝を述べ、「普通の田舎の女の子だった自分が、こんな素敵なバンドメンバーと今ここに立てている」と改めて自身の歩んできた道のりを振り返る。そして、そんな思いを歌った曲と紹介し、新曲「雨のち感情論」を披露した。「雨のち感情論」をは和楽器バンドにとって初のシングル作品だ。発売は4形態、和楽器バンド初のVR付き形態も用意されている。

そしてライブ終了後にはステージ上のスクリーンにて<和楽器バンド 大新年会2018>が1月27日(土)に横浜アリーナで 開催されることも発表。ライブの余韻に酔いしれていたファンはこの発表に大歓声。全22曲、約2時間30分に渡る<和楽器バンド HALL TOUR 2017 四季ノ彩 -Shiki no Irodori->は大団円で幕を下ろした。なお、BARKSでは本公演の詳細レポートを追って公開する。

1st Single「雨のち感情論」
2017年9月6日(水)発売
■CD+DVD(MUSIC VIDEO盤)
「雨のち感情論」のMUSIC VIDEOとメイキング映像を収録
■CD+DVD(LIVE映像盤)
今年の4月から7月にかけて開催された全国ホールツアーの最終公演、2017年7月21日の東京国際フォーラム公演より、「雨のち感情論」と「ワタシ・至上主義」のライブ映像を収録
■CD ONLY
ぱちんこ「CR吉宗4 天昇飛躍の極」テーマ曲として話題沸騰中の「そこにあるかもしれない(和楽器バンドversion)」を収録
■CD+VR(mu-moショップ・FC八重流専売数量限定盤)
和楽器バントとしては初となるVR盤。ビューアー(専用メガネ)を用いてスマートフォンアプリで楽しめる、バーチャルリアリティ映像コンテンツを収録

<和楽器バンド 大新年会2018>
日程:2018年1月27日(土)
場所:横浜アリーナ

最終更新:7/21(金) 23:39
BARKS