ここから本文です

家族旅行で学校欠席、先生はどう思ってる?

7/21(金) 6:10配信

BuzzFeed Japan

平日に学校を休ませて家族旅行に行くのってどうなの? ネット上で賛否が繰り返されている議論だが、小学校の先生はどう思っているのか。BuzzFeed Newsは、東京都内の公立小学校で15年以上の経験がある男性教員のAさん(39)に聞いた。【BuzzFeed Japan / 小林明子】

絶対に海に潜ってはいけない!ダイビングがヤバすぎる9枚の証拠写真

学校を欠席して家族旅行をすることについては、「授業ではできない経験ができる」「家庭の事情がある」という賛成派、「義務教育なのにズル休みだ」「迷惑」という反対派。結局、親の価値観が分かれる問題だよね、となる。

親の働き方の多様化によって、家族旅行のために平日に学校を休む子どもは少しずつ増えている、と小学校教諭のAさん。休み方のパターンは3通りあるという。

1)風邪で、などと嘘をつく
2)ちょっと家庭の事情で、と濁す
3)旅行する、と正直に伝える


1,2の場合でも、飛び石連休の合間の平日だったりすると、旅行かな、とピンとくる。親が口止めしていても、子どもがうっかり口を滑らせることもある。

受験直前なので欠席します

家族旅行のために学校を休む子がいるとわかったとき、先生はどう感じるのか。担任によって受け止め方はさまざまだ、としたうえで、Aさんは言う。

「僕自身は、休もうと休むまいと、どちらでもいいです」

「家族との旅行じゃないと経験できないこともあります。個別の事情を聞いて、ケースバイケースで対応しますね」

学校を休まれる場合、先生が直面するのは二つの問題だという。

一つ目は、授業の遅れ。

「休んだぶんは放課後に補習をしてください、と当たり前のように言ってくる保護者もいます。放課後はすぐ教職員会議がありますから、時間をとりづらい。給食の残り時間などで対応したりもしますが、できれば家庭でみてほしいですね」

二つ目は、行事の前の急な欠席。

「運動会、音楽会、学習発表会などの準備を進めているときですね。早めにわかると対処できますが、全体リハーサル当日に主役級の子に休まれると、担任が代役をしたり組体操の下段に入ったりします」

旅行に限らず、さまざまな理由での欠席はある。中学受験の直前には、インフルエンザなど感染症にかからないようにするため1カ月ほど欠席する子もいるという。大事な時期にけがをさせないよう、体育を欠席させたいという要望もある。

「その子の将来について家庭でじっくり考えたうえでの判断でしょう。家族旅行で休んだ子に聞くと、『お父さんが急にこの日だけ休めることになったから』など、その家庭なりの事情があります。いち教師が、休んじゃダメだという権利はないと思います」

1/3ページ

最終更新:7/21(金) 6:10
BuzzFeed Japan