ここから本文です

知人を蹴り死なす プロ格闘家を起訴 地検、傷害致死罪で

7/21(金) 10:43配信

千葉日報オンライン

 知人のプロ格闘家に顔を蹴られた男性が意識不明の重体となり、その後死亡した事件で、千葉地検は20日、傷害容疑で逮捕・送検されていたプロ格闘家でジムトレーナー、山本勇気容疑者(29)=千葉市中央区中央3=を傷害致死の罪で起訴した。

 起訴状などによると、先月30日午前2時半ごろ、自宅マンション1階入り口で、知人の飲食店従業員、長沢飛さん=当時(23)、同区星久喜町=の右側頭部を左足で1回蹴る暴行を加えてくも膜下出血の傷害を負わせ、7月1日午後4時10分ごろ、同区内の病院で死亡させたなどとしている。

 地検は、山本被告が「(長沢さんの)頭を蹴ったことと死亡との因果関係は認められる」としたが、殺意までは認められなかったと判断したとみられる。