ここから本文です

マカオ警察が中国人経営の偽カジノVIPルームを摘発…カジノホテルの客室を使って営業

7/21(金) 12:17配信

マカオ新聞

 マカオ司法警察局は7月20日、前日未明にマカオ半島新口岸地区のカジノホテルの客室を使った偽カジノVIPルームに対する摘発を実施したと発表した。

 今年6月、中国人ギャンブラーから偽カジノVIPルームで400万香港ドル(日本円換算:約5735万円)を騙し取られたと同局に通報があったを受け、内偵を続けていたもの。警察が関係者の身元を割り出しに成功したが、すでに中国本土に逃げていたことがわかり、7月18日にマカオに戻って営業を再開したタイミングを確認し、19日未明に摘発を実施したという。

 警察は、部屋の中にいた19人の身柄を拘束。いずれも中国本土出身とのこと。このうち4人が客で、残りは経営者とみられる人物のほか、ディーラー、プロモーション、警備といったスタッフ役の男女だったという。また、部屋の中から7500万香港ドル(約10億7533万円)分の偽ゲーミングチップ、20万香港ドル(約287万円)の現金、大量のカジノ用具を押収。バカラで使用するトランプに事前に結果がわかるような細工が施されていたことも判明したとのこと。

 客室はVIPカジノルームを模した造りになっており、入口に警備員を配して所持品検査を実施したり、スタッフは制服を着用していたという。同グループは2015年に活動をスタートし、カジノのスタッフになりすましてギャンブラーを偽VIPルームに勧誘し、イカサマを用いて利益を得ていたとみられる。

 警察では、詐欺、詐欺性賭博、組織犯罪、許可場所以外における不法カジノ経営等のなどの罪で関係者を送検する方針。

最終更新:7/21(金) 19:11
マカオ新聞