ここから本文です

ヤマハ、モトGPマシンのカラーリングを再現したスクーターを限定販売

7/21(金) 16:25配信

オートックワン

ヤマハは、スポーティな外観と走りで人気の原付二種スクーターのシグナスX XC125SRに、二輪レースの最高峰であるモトGPで活躍するレーシングマシン「YZR-M1」のカラーリングイメージを再現した限定モデル「モヴィスター ヤマハ モトGP エディション(Movistar Yamaha MotoGP Edition)」を設定、数量限定1300台で9月6日より発売する。

【画像】シグナスX XC125SR モヴィスター ヤマハ モトGP エディション

価格(消費税込)は32万9400円となる。

モヴィスター ヤマハ モトGP エディションは、シグナスX XC125SRのスタンダードモデルをベースとし、レースを象徴するカラーであるヤマハレーシングブルーの外装色やゴールドカラーの前後ブレーキキャリパー、スプリングのカラーをイエローとしたリアサスペンションが特徴である。

さらにゴールドカラーの音叉マークやMovistarロゴマークをあしらったグラブバーなどを採用し、スクーターでありながらモトGPの雰囲気を味わえる仕様とした。

なお、製造はヤマハモーター台湾で行う。

最終更新:7/21(金) 16:36
オートックワン