ここから本文です

猛暑日地点は今年最多 週末も暑さ収まらず猛暑つづく

7/21(金) 17:07配信

ウェザーマップ

 今週末も全国的に厳しい暑さが続く。気温は広い範囲で30℃を超えて、35℃以上の猛暑日になる所もある見込みだ。すでに今年の夏は、東日本と西日本を中心にかなり気温の高い状態が続いている。連日、身体にこたえる暑さとなっているため、熱中症にはくれぐれも注意が必要となる。

 きょう21日(金)は全国的に晴れて、気温はハイペースで上がった。全国で一番が気温が上がったのは、兵庫県豊岡市で37.3℃。鳥取市や富山市でも37℃を超えて、体温並みの暑さとなった。そのほか北日本でも気温が高く、青森県三沢市で36.4℃、岩手県下閉伊郡岩泉町で36.2℃など、猛暑日地点は全国97地点にのぼり、今年最多となった。

 22日(土)も暑さは収まることはなく、東北から沖縄にかけて広く気温は30℃以上となり、35℃を超える所もありそうだ。

 <22日の予想最高気温>
 37℃ 日田(大分)
 36℃ 飯塚(福岡)、久留米(福岡)、佐賀
 35℃ 京都、大阪、鳥取、福岡、熊本など
 34℃ 福井、奈良、岡山、松江、高松、松山、山口、鹿児島など
 33℃ さいたま、長野、金沢、神戸、広島、徳島、長崎など

 また、昼間だけでなく、夜も気温が下がりにくくなっている。今週末も最低気温が25℃を下回らない熱帯夜の所が多くなるため、夜も熱中症への対策が必要だ。

最終更新:7/21(金) 17:23
ウェザーマップ