ここから本文です

“UFO召喚”再挑戦へ 23日、目撃談踏まえ銚子で 「宇宙語おじさん」登場、宇宙人コスプレ大会も

7/21(金) 9:43配信

千葉日報オンライン

 夢あふれるイベントでわくわくしてもらおうと、千葉県銚子市の地球の丸く見える丘展望館で23日に、UFO(未確認飛行物体)の“召喚”を試みるイベント「銚子にUFOを呼ぼう」を実施する。

 イベントは、同市内で多いとされるUFOの目撃談を踏まえて観光客を呼び込もうと昨夏初開催。今年も行うことになった。オカルト研究家の山口敏太郎さんがプロデュースし、地域の伝説などをまちづくりに生かす「クリプトツーリズム」に関心を持つ市民らが協力している。

 召喚実験には、数多くの召喚に成功しているという武良信行さんや、謎の「宇宙語おじさん」らが出演。飛び入り参加歓迎の宇宙人コスプレ大会も行う。

 同市内で同日開かれる「門前軽トラ市」「空き地カフェ」とも連携し、3イベントを巡るスタンプ&シールラリーも行われる。景品は、カップ焼きそばやトウモロコシなど4点セット(数量限定)。

 召喚実験は同日午後3時~4時半(雨天中止)。入館料は大人380円、小中学生200円。午前11時半、午後1時からの2回、トークショー(1人千円)も開かれる。問い合わせは同館(電話)0479(25)0930。