ここから本文です

トヨタは嫌い!? 大変身で注目の新型カムリでもナゼ”自動運転”機能はないのか?

7/21(金) 18:17配信

オートックワン

日産はセレナに続き、エクストレイルでも自動運転技術『プロパイロット』を搭載し、市場に対して”自動運転の日産”を強くアピールしている。スバルも、今年4月1日から技術本部の中に、自動運転プロジェクトという部署名が採用され、アイサイトの技術革新を進めている。

トヨタ 新型カムリ 詳細を写真でチェック(画像32枚)

一方、トヨタの場合、量産車のカタログでは未だに、自動運転という言葉を使っていない。

そうした中、トヨタの世界戦略の中核であるカムリが、日本仕様として2017年7月10日にFMC(フルモデルチェンジ)した。 新型のウリは大きく3つある。

1つ目は、走りを予感させるエモーショナルで美しいデザイン。2つ目は、意のままの走りや上質な乗り味と低燃費の両立。

そして3つ目に、予防安全装備の充実として、衝突回避支援パッケージ「トヨタ・セーフティ・センスP」の標準装備がある。

予防安全装備とは、いわゆる自動ブレーキや、アクセルとブレーキの踏み間違い防止など、事故の危険性を事故が起こる前に少なくするアクティブセイフティという考え方に基づく技術だ。

また、万が一、事故が発生してしまった後に乗員の保護を行うエアバックなどの技術はパッシブセイフティの分野となる。

現在、「トヨタ・セーフティ・センス」は、アクア、ヴィッツなど車両価格が比較的低いモデル向けの「C」と、プリウス、そして新型カムリなど上級車に搭載する「P」の2タイプがある。

「C」は独コンチネンタル製であり、ルームミラーの後ろ側に、単眼カメラとレーザーレーダーをひとつのユニットに収納している。機能としては、いわゆる自動ブレーキへの対応は自車を先行する車や障害物などに対応する他、白線を認識して車線逸脱防止の警報を鳴らす。

一方、「P」は「C」の上級版で、サプライヤーは独コンチネンタルとトヨタの子会社であるデンソーの2つがある。現行のプリウスの場合はデンソー製の「P」だが、新型カムリの「P」はコンチネンタル製を採用している。

具体的な装備としては、「C」と同様にルームミラーの後ろにユニットがあるが、中身は単眼カメラのみで、この他にフロントボディにミリ波レーダー機器がある。

機能としては、歩行者に対する認識を行って自動ブレーキをかけることができる。これは、2018年から欧州及び日本での自動車アセスメントへの対応である。

つまり、今後は「P」を採用する車種が増えることは、トヨタにとって必然だ。量産効果によって部品購入費の低減化を図り、「C」搭載車をMC(マイナーチェンジ)やFMC(フルモデルチェンジ)のタイミングで「P」への移管する。

1/2ページ

最終更新:7/21(金) 18:17
オートックワン