ここから本文です

【スーパーGT】スーパー耐久での燃料系アクシデントで病院に搬送された山内英輝「もう大丈夫です」

7/21(金) 18:40配信

motorsport.com 日本版

 先週行われたスーパー耐久第3戦の決勝でのアクシデントで病院に搬送された山内英輝だが、スーパーGT第4戦が開催されるスポーツランドSUGOには元気な姿で登場。先週のアクシデントの状況と、今週末に向けての意気込みを語ってくれた。

【写真】前戦は超僅差の2位だった61号車スバル。得意の夏の3連戦で巻き返しなるか?

 16日にオートポリスで開催されたスーパー耐久第3戦。#3 ENDLESS・ADVAN・GT-Rから参戦し、スタートドライバーを務めた山内だったが、燃料漏れのトラブルにより序盤早々にガレージイン。戦線離脱を余儀なくされた。

 実はこの時に、気化した燃料がコックピット内に充満し、山内は意識朦朧の状態でピットイン。そのまま病院に緊急搬送されていた。

 その時の状況について山内は、このように語ってくれた。

「グリッドにつくまでにガソリンが漏れていて、そこで修復はしてもらったのですが、スタートしてもガソリンは漏れたままの状態でした」

「臭いもしていましたが、満タンでスタートしていたので、数周すれば解消されると言われて走っていました。しかし、ガソリンが漏れていたのに加えて熱で気化してしまって、ドライビングできない状態になってピットに戻りました」

 最後ピットに戻ってきた時のことは、ほとんど覚えておらず、気がついたら病院にいたという山内。ただ、その日のうちに退院しており、今週末のレースには影響ないという。

「頭痛はひどかったですが、2日ほどしたら治りました。もう今週末は全然問題ないです」

 そして、スーパーGTでは今週から“夏の3連戦”が始まる。昨年、#61 SUBARU BRZ R&D SPORTにとっては大躍進を遂げた中盤戦だ。今年は3戦を終えてトップから14ポイント差の15ポイントでランキングは7位。巻き返しを狙う意味でも、今週末のSUGOから勢いをつけていきたいという。

「前回のテストではGT3車両が速くて、今回は苦戦するのではないかなという雰囲気もありますが、僕たちも3回テストしてきて、そこで手応えもあります。そこを活かせられれば結果もしっかり残ると思います」

「チャンピオン争いを考えるとすごく大事な1戦ですし、この後も富士でしっかりポイントを稼いで、鈴鹿で優勝できるようにしていきたいですね。そのためにも、この1戦では結果を出しながら成長できるかというのが大切だと思います」

「昨年も夏の3連戦は強かったですし、今年はオートポリスを含めて4戦連続で表彰台に登れればチャンピオンも見えてくると思います。まずはここで結果を出せるように頑張ります」

吉田知弘