ここから本文です

「後発薬」県内に浸透 使用割合71%、全国4位

7/21(金) 11:17配信

宮崎日日新聞

 価格の安いジェネリック医薬品(後発薬)の県内の使用割合が2016年度(16年4月~17年2月)、全国4位の71・8%となったことが20日、分かった。同日県庁であった「県ジェネリック医薬品安心使用促進協議会」(会長・山本隆一九州保健福祉大副学長、13人)で報告された。

宮崎日日新聞

最終更新:7/21(金) 11:17
宮崎日日新聞