ここから本文です

西日本初、京都にキリンのブリューパブ

7/21(金) 12:00配信

Lmaga.jp

キリンが手掛けるクラフトビールのブリューパブ『スプリングバレーブルワリー』が、9月7日、京都市中京区にオープンすることが発表された。

【写真】2年以上の月日をかけて開発された6種の定番「SVBコアシリーズ」を試飲

『スプリングバレーブルワリー(以下、SVB)』は、ビールの魅力を発信すべく、2015年にキリンビールの内部ベンチャーとして立ち上がったクラフトビールのプロジェクト。東京、そして横浜に続く3店舗目のブリューパブ(醸造所を備えたパブ)で、7月19日、開店に先駆けてメディア発表会がおこなわれた。

キリンビールにとって、京都は1988年に小規模醸造所「京都ミニブルワリー」を設立したクラフトビールの原点ともいえる地。店舗に選ばれた築約100年の町家は威風堂々とした佇まいで、格子窓からはタンクが置かれた醸造スペースを臨む造りになっており、本館、別館、そして中庭で、総席数134シートの大バコになる予定だ。

この日、メディア向けにおこなわれたクラフトビールセミナーの後、2年以上の月日をかけて開発された6種の定番「SVBコアシリーズ」を試飲。個性と飲みやすさを兼ね備えたインディアンペールラガー「496」を筆頭に、そのキャラクターは実に多彩。老舗ビールメーカーの名に恥じない、ハイレベルなバランス感覚にも感嘆する。またこれらの定番に加え、京都限定のビールも月1回ほどのペースでリリースされるそうだ。待望のオープン日は9月7日。SVBを知るファンならずとも待ち遠しい、ビール好きのための体験型プラットホーム。国産クラフトビールの「いま」を京都で感じることができる。

取材・文・写真/吉田志帆

最終更新:7/21(金) 12:00
Lmaga.jp

Yahoo!ニュースからのお知らせ