ここから本文です

北陸オープンゴルフ開幕 プロは大堀、アマ森田首位

7/21(金) 11:27配信

北日本新聞

 北陸オープンゴルフトーナメント2017は21日、富山市三熊の呉羽カントリークラブ日本海コース(6905ヤード、パー72)で開幕した。初日は予選ラウンドがあり、プロの部は大堀裕次郎(フリー)が5アンダーの67で単独トップに立った。アマチュアの部は森田匠海(ゴールドウイン・山梨学院大、国際大付高出)が1アンダーの71で回り、2位に3打差をつけて決勝ラウンドに進んだ。富山テレビ放送、北日本新聞社主催。

 19回目の今年はプロ130人、アマ38人の計168人が出場。決勝ラウンドが行われる22日までの2日間、計36ホールストロークプレーで争う。

 午前7時のスタートから快晴が続き、日中は強い日差しが照りつける中、選手たちは白熱のラウンドを展開。正確なショットやパットでギャラリーを沸かせた。 

 プロの部は43位タイまでの64人、アマの部は20位タイまでの22人が最終日の決勝ラウンドに進んだ。

北日本新聞社

最終更新:7/22(土) 0:52
北日本新聞