ここから本文です

WRC:トヨタ、マイクロソフトと協力した新たな試み。写真をもとにファンを“逆撮影”

7/21(金) 19:38配信

オートスポーツweb

 WRC世界ラリー選手権に参戦しているTOYOTA GAZOO Racingは、7月27日に開幕する第9戦フィンランドで、テクノロジーパートナーであるマイクロソフトのクラウドサービス『Microsoft Azure』を活用した新観戦体験サービス『EchoCam(エコーカム)』を提供する。

【写真】エコーカムのイメージ図

 TOYOTA GAZOO Racingはマイクロソフトの技術をマシンデータ分析プラットフォームの開発、チーム活動の情報共有システムなどに活用し、2017年シーズンを戦っている。

 今回はマイクロソフトの専門分野であるITをモータースポーツファンへの新たな楽しみ方の提案に活用。「ファンの皆様とヤリスWRCがつながること(コネクティッド)」をコンセプトとしたエコーカムの誕生につながった。

 エコーカムでは大会期間中、いくつかのSSに設置されたエコーカムブースで目の前を走るヤリスWRCをスマートフォンで撮影、その写真を専用サイトにアップロードすると、走行しているヤリスWRC側からファンを“逆撮影”した動画がプレゼントされる仕組みだ。

 このサービス実現のため、3台のヤリスWRCには専用のオンボードカメラが搭載され、専用サイトにアップロードされた写真のタイムコードを基に動画を生成するという。

 現地観戦しているファンを対象とした取り組みだが、現場を訪れた記念になることは間違いない。他カテゴリーへ展開していくのかも含め、今後このエコーカムがどう広がっていくのか、ファンとしては気になるところだ。

[オートスポーツweb ]