ここから本文です

競争力、女性活躍で連携 北陸、北海道、東北の3経連

7/21(金) 1:48配信

北國新聞社

 北陸と北海道、東北の経済連合会による三経連経済懇談会が20日、新潟市内のホテルで開かれ、地域産業の競争力強化と女性活躍の推進をテーマに連携していくことを決めた。

 懇談会には約60人が参加し、「地方創生」をテーマに意見交換した。北陸経済連合会の久和進会長は、観光産業が地域経済に与える影響の大きさを指摘した。北陸新幹線の大阪までの早期延伸を求め「人を呼び込み、定着させる仕組みを作りたい」と話した。

 東北経済連合会の海輪誠会長は地域社会の魅力向上や稼ぐ力の強化が重要と訴え、北海道経済連合会の高橋賢友会長は製造業の集積を進め、経済の好循環を呼び込むことが不可欠と主張した。

 三経連は、社会資本整備やエネルギー政策に関する5項目を決議した。北陸新幹線は敦賀-新大阪で安定的財源を確保し、2030年ごろまでの一日も早い全線整備を求めた。安全が確認された原発の早期再稼働なども盛り込まれた。25日に合同で政府に要望する予定となっている。

北國新聞社

最終更新:7/21(金) 14:11
北國新聞社