ここから本文です

ドルト主将DFが靱帯部分断裂…クラブは開幕復帰に希望

7/21(金) 16:12配信

ゲキサカ

 ドルトムントのDFマルセル・シュメルツァーが検査の結果、足首の外側側副靱帯の部分断裂と診断されたことが分かった。全治は4週間程度とみられるが、クラブは公式サイトで「ブンデスリーガの開幕戦までに復帰させる」と意思を明確にしている。

 同選手はアジア遠征中の17日、に中国で行った練習中に負傷し、チームより一足先にドイツに戻っていた。

最終更新:7/21(金) 16:12
ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

Yahoo!ニュースからのお知らせ