ここから本文です

中国人民銀、1月以来の大規模な資金供給-短期金利上昇受け

7/21(金) 15:34配信

Bloomberg

中国人民銀行(中央銀行)は21日、公開市場操作(オペ)を通じて金融システムへの資金供給を拡大した。納税や配当支払いで資金需要が膨らみ、翌日物レポ金利が4週間ぶり高水準となったことに対応した。

人民銀は同日、リバースレポを通じて差し引き400億元(約6600億円)を金融システムに供給。これで今週の注入額は5100億元と、この半年で最大となった。人民銀はまた19日に一部の商業銀行を通じて流動性を供給していたと関係者は明らかにしている。

翌日物レポ金利は20日、6月22日以来の高水準となる2.81%に上昇。今週に入り同日までに21ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上げている。7日物レポ金利は20日時点で2.85%と、先週末から10bp上昇。

原題:PBOC Pumps in Most Funds Since January as China Money Rates Rise(抜粋)

Tian Chen

最終更新:7/21(金) 15:34
Bloomberg