ここから本文です

インテル、スマートウォッチやフィットネストラッカー関連部門を廃止か--CNBC

7/21(金) 10:36配信

CNET Japan

 2014年にはウェアラブル業界で支配的地位に立とうと攻勢に出ていたIntelが、スマートウォッチやフィットネストラッカー関連の部門を完全に廃止したと報じられている。

 匿名の情報筋がCNBCに語ったところによると、Intelは2016年11月にウェアラブル関連部門の大部分を手放しており、2週間前には同部門を廃止したという。Intelはフィットネス用スマートウォッチを手がけるBasis Scienceを買収したが、計画通りにはいかなかったため、スマートウォッチやフィットネストラッカーなどの開発を終了すると報じられている。

 CNBCによると、IntelのNew Technologies Groupは今後、拡張現実(AR)に目を向けていくという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

最終更新:7/21(金) 10:36
CNET Japan