ここから本文です

セッションズ米司法長官、辞任を否定-トランプ大統領に非難されても

7/21(金) 0:10配信

Bloomberg

セッションズ米司法長官は20日、辞任する意向はないと表明した。同長官が2016年米大統領選に絡むロシア疑惑の捜査から身を引いたことについて、トランプ米大統領は強く非難していた。

セッションズ長官は20日の記者会見で、「米司法省は国益のために日々賢明に働き、トランプ大統領の優先事項と心を合わせている」と述べ、「われわれは職務にやりがいを感じており、司法省に愛着がある。私は続けるつもりだ」と表明した。

トランプ大統領は19日、ニューヨーク・タイムズ紙のインタビューで、セッションズ氏はロシア疑惑の捜査に関与することを回避すべきでなかったし、「そうする方針なら長官就任前に私に告げるべきだった。私は他の人物を起用していただろう」と述べた。

原題:Sessions Says He Doesn’t Plan to Quit After Trump Disparages Him(抜粋)

Chris Strohm

最終更新:7/21(金) 0:10
Bloomberg